スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年11月11日

欧州LE特殊部隊装備沼(底なし)計画第二弾開始

こんにちは。

bttc.の田中です。

いよいよ欧州LE特殊部隊装備沼(底なし)計画第二弾が

動き始めました。

第二弾はMP5ハンドガードのGIGNオンリーバージョン。


まずはサンプル製作の見積もりをとり、折り合いをつけ、

設計図等で詳細を詰めサンプルを製作。

すったもんだを繰り返し商品価格を設定。

何段階もの障壁を乗り越え日の目を見る事になりますが、一番の壁は

製作ができるのかどうかという事。

力の限りを尽くしてなんとか商品を販売するところまでこぎつけたいと思います。

  

Posted by tatsutoshi  at 16:36Comments(0)GIGN関連

2015年02月08日

実物GIGNアサルトスーツ(つなぎ)

こんにちは。

bttc. の田中です。

今日のゲームはどうでしたか?ヒット取れましたか?

それとも後ろのほうでちょろちょろして、勇気を出してちょっとだけ前に

出たら、あっけなくヒットされましたか?

私はいつも後者のほうです。チームじゃあありませんからね。

今日は、フランスよりGIGNアサルトスーツの実物が届きましたので、

レビューしてみたいと思います。

入荷はしましたが、輸入ですとどうしてもコストが高くなるのと、

安定供給が難しい為レプリカを製作する事としました。製作を依頼する会社様は

楽天でもその分野(BDU)においては売上トップの会社様です。ちなみに名古屋の会社

です。今回入荷したのはGIPNやRAID,GIGNでもまれに使われるアーバンカモフラージュ

(都市迷彩)のものと、GIGNの最新装備でも確認されている中央ヨーロッパ迷彩のもの、

あとは紺色の3種類です。これらのアサルトスーツは、工場にてバラバラにされレプリカ

製作の際のサンプルにされます。ですので、元通りになって帰ってこないかも、と業者の

方には言われております。ん~、もったいない。



先般のフランスでのテロ事件でも脚光を浴びたフランス警察特殊部隊のGIPNが着用していた

アサルトスーツ(つなぎ)です。わたくし個人的にはこのアーバンカモフラージュがとても好き

です。以前、プレイステーションでレインボーシックスをやっていた事もあり、その時よりアーバン

カモ(都市迷彩)にはまってしまいました。この色合い、フィールドではまずお目にかかれない

ものです。別にLEに興味がない方でも、この迷彩はめずらしいものが欲しいという方にはうって

つけのものではないでしょうか。迷彩効果は?と言われると…







着てみた感じは、コットンを60%も使っている事もあり、ものすごく柔らかく伸縮性に

優れている感じです。私は普段安物のつなぎを使っているんですが、全くの別物

って感じです。


実際にこのアーバンカモのアサルトスーツが使われている画像です。


今回のフランステロ事件の画像で判明したんですが、GIPNではベネリM4?又は

フランキのショットガン?とHkのG3 RASのスライドストックタイプを使っているんですね。




これは、GIGNの中央ヨーロッパ迷彩のアサルトスーツです。上の画像では白地のGIGN

パッチを付けていますが、本来はOD色のサブデュードパッチを付けています。

その画像がこちら




手前から数えて3人目の方が付けているパッチがそのODいろのGIGNパッチです。

これは今後商品化していきます。




まあ普通の森林迷彩と言われればそこまでですが、どことな~く色合いがヨーロッパを

感じさせます。




この上の画像で一番気になるのは恐らくはサプレッサーかと。

これはB&TのROTEXⅡ若しくはⅢです。数年前、VFCでちょっとだけ売っていた時期が

ありましたが、即完売でその後絶版となりました。売れていたのにすぐやめるところを見ると

恐らくライセンスとかパテント(特許)の関係でB&Tに何の了承も得ずに売っていた可能性

が考えられます。今では、デンマークのエアソフトガンメーカーのASGがB&Tから正式に

ライセンスを取得してこのサプレッサーを取り扱っていますが、だれも輸入はしていません。




今回仕入れた3種類のアサルトスーツですが、どれも同じ構造をしており、後ろには

アコーディオンパッドが付いております。




ひざにはクッションの為のパッドは入っておりません。

続きまして、




この紺色のもの、本来アサルトスーツには必要のない高級感がものすごくあります。

どうやらこのタイプ一番最新のものらしいんですが、ちまたにある資料画像等では

確認はできません。なによりひじやひざのあの独特のパッドが入っておりません。

レプリカ作るときはパッドつけようかな~とは思っております。

GIGNは職人気質の高い人が多く、良い物で使いやすい物は長く大切に使う

という事を聞いた事があります。ですから、当然このアサルトスーツがメディアに出て

くるのは相当先の話ではないかと思います。とは言え、ポケットの配置やボタンの

数等細かいところを見ると、やはり古いアサルトスーツの伝統を引き継いでいるな

と分かります。




ちなみにフランス在住の協力者の方から仕入れた情報です。

GIGNの旧パッチは皆様ご存知かと思います。




これですね。

サルコジ大統領時代にGIGNは再編されたのですが(GIGNだけではなく、

特殊部隊の組織全体)、その時に今の新しいパッチが製作されたようです。




これですね。

GIGNは当初は精鋭40名くらいから始まったようなのですが、

今では女性も含め400名程まで増員されています。古くからの古参はこの

新しいパッチはGIGNのパッチじゃあないと言い張り、胸のポケットには常に

旧パッチを忍ばせているという事です。

ん~、やはりGIGNは職人気質にあふれております。まあ過去に大事件

を解決してますので、当然のプライドかもしれませんね。

レプリカが完成するのは当分先の事になりますが、良い物を安く提供

出来るよう尽力してまいります。

Webshop
http://bttc.jp.net

Twitter
https://twitter.com/t_tatsutoshi  

Posted by tatsutoshi  at 18:46Comments(0)GIGN関連

2015年02月07日

実物GIGNパッチ入荷

皆様、

一週間のうちで一番好きな時間でもある、

土曜日の午後。いかがお過ごしでしょうか~。

bttc.の田中です。

今回はある特別な入手経路を通じて輸入したGIGNパッチの

実物をご紹介します。



GIGNが駐留している基地内にはGIGNショップというのがあるんですが、そこで売られて

いるGIGNパッチです。実際にGIGN隊員が付けるものと同じものとの事なんですが、

やはり作りが綺麗です。









プレートキャリア格好良いです。
  

Posted by tatsutoshi  at 16:25Comments(0)GIGN関連

2015年01月21日

GIGNパッチ販売開始

こんにちは。

bttc.の田中です。

ようやく制作依頼していたGIGNパッチが届きました。

少し色合いがグレーがかってしまったような感じはしますが、

それ以外に関しては図柄といい文字の再現度といい非常に

良い出来となっております。


先般のフランスでのテロ事件でもGIGNが出動しておりますが、最新の装備を見る事ができました。

興味深かったのが使用している銃器です。

GIGNではHk416やMP7、P90といった銃を使っているのは知っていましたが、SG551のRAS

やFN 5-7、GIGNではありませんが、GIPNでベネリM4やG3 RAS(スライドストック)等を使って

いました。今はもう使われていない銃なのかなあと思っておりましたが、少し古いものでも大切に

使っているんだなと思いました。

そんなこんなでGIGNパッチ第一弾が本日より販売開始となります。

GIGNアサルトスーツなんですが、なかなか在庫が補充されず安定供給するには、時間がかかる

かと思います。今後は、本物は当然売っていきますがレプリカの制作も視野に入れ企画していき

たいと思っております。

今後ともbttc.を宜しくお願いいたします。
http://bttc.jp.net


  

Posted by tatsutoshi  at 20:31Comments(0)GIGN関連

2015年01月12日

GIGNについて

こんにちは。

bttc.の田中です。

フランスでの一連のテロ事件は一応の終焉は迎えましたが、

まだ逃亡している容疑者がいたり、ドイツで放火があったりと

テロの脅威がなくなったわけではありません。

2箇所での立てこもり事件のうち、印刷工場側でのGIGN隊員

の緊張した面持ちの映像が手に入りましたので、ご紹介したい

と思います。スーパーでの立てこもりには主にBRIやRAID,

印刷工場側はGIPNとGIGNが出動したようです。



プレスの方でしょうか。女性の姿も見られます。

フランスの警察系特殊部隊はGIPN・RAID・BRIがあり、憲兵隊のGIGNも重度のテロに

対して出動します。

RAIDは主にパリで起きた犯罪に対して出動、BRIもパリが拠点ではありますがギャング対策

専門の特殊部隊です。日本で言うところの暴力団対策室のようなもの。

GIPNは本部はパリですが、地方都市が管轄だったりします。

色々管轄や役割が複雑で指揮系統の混乱を招かないようFIPNという組織が結成され、

対テロ特殊部隊を統括しております。統括だけではなく、各特殊部隊から選抜された隊員もおり、

テロが発生した際には優先して出動する事になっております。右肩にはFIPN、左肩にはそれぞれ

自分の所属している部隊のパッチを付けている事が多く今回の事件でもそういった隊員を

目にする事ができます。

GIGNはハイジャックや政治的背景のあるテロや重度の危険性があるテロに対して出動します。

今回のテロもフランス政府が国家緊急事態としておりますので、相当重度なテロと言えます。




さらっとフランスの対テロ特殊部隊の装備の事を申し上げますと、ヘッドセットとバイザー

ヘルメットはMSA製。ベストは色々あると思いますが、メーカーまではわかりません。

ヘッドセットは他にも骨伝導ヘッドセットでニューイーグル製のものを使用していたり、

ブーツはマグナムや当店でも取り扱いのあるGk proを使用。ホルスターはサファリランドが

多く、まれにG26を収納する用にGkが使われていたりします。アサルトスーツはメーカーまで

は分かりませんが、あの特徴的な肩にじゃばらがあるものについては、当店でも輸入する

手配をとっているところです。GIPNで使用されているアーバンカモフラージュと、フランス海軍

特殊部隊でも使用されているアサルトスーツも輸入する予定。

Webshop
http://bttc.jp.net

https://www.dailymotion.com/video/x2ei5o7_retour-sur-l-intervention-du-gign-a-dammartin-et-l-exfiltration-des-otages-a-paris-porte-de-vincenne_news
  

Posted by tatsutoshi  at 16:44Comments(0)GIGN関連

2015年01月06日

GIGNパッチ制作開始

こんにちは。

bttc.店長の田中です。

企画商品の制作開始のご報告を致します。

GIGNパッチです。



このブルーのGIGNパッチはあまり見た事が無いという方もいらっしゃると

思います。実際に使用されている画像がこちら




レプリカパッチ第一弾はこのGIGNパッチでいきますが、もちろん一番有名な

白地のGIGNパッチも今後商品化していきます。そしてご要望があった旧タイプの

パッチもしっかり商品化していきます。

さてGIGNについてですが、詳しい事を書いている方がおりますので、そちらを参考に

されたほうが良いかと思います。

http://gign.militaryblog.jp/

フランス国家憲兵隊(ジャンダルムリ)の特殊部隊で、対テロ作戦の他にも海外への派兵

も行っており、任務の幅も広い事で知られております。

隊員全てがスナイパーの資格を持っており、訓練も射撃に重点を置いてると聞いて

おります。そのほかにも車両運転技術はF1ドライバー並の腕前だったり、

諜報活動能力や軽戦闘車の操縦もできるようです。当然、潜水やスカイダイビング

CQB等々他の特殊部隊と同等の戦闘能力もあり、さながら007の様相を呈しています。

パッチのほうは、1月末販売を目指して鋭意制作中です。

Webshopはこちらです。↓
http://bttc.jp.net
  

Posted by tatsutoshi  at 16:50Comments(2)GIGN関連