2018年01月16日

SAMI コンバットシステムって何なんでしょう?

こんにちは。

bttc.の田中です。

だいぶご無沙汰しておりましたが、やる事はやっております。

今はドロップシッピング商品のアップや楽天への正式出店準備等で

多忙を極めております。

前回申し上げたMP5のGIGNオンリーバージョンのハンドガードは

やはり画像を見せてこれを作ってくださいというには、少し形状が複雑すぎ、

自分で設計図を一から書かないといけなくなりました。

ものすごく途方もない時間がかかる為、それはそれで進めますが

先に商品化できるものをしていきたいと思います。

でも安心してください。必ずMP5ハンドガードの商品化は致します。

今回は特殊部隊を専門にトレーニングしている

peter weckauf(ピーター ウェッコーフ?)氏のSAMIコンバットシステムなる

相手を制圧する術を紹介している動画をいくつかご紹介します。

見ていてとても格好良いと思い皆様にご紹介します。



このSAMIコンバットシステムのホームページを見に行くと、

オンライントレーニングという動画があり、動画を見ながら気軽にトレーニングができるみたいです。

いやしかしとにかく格好良いのでとりあえず動画を見てみてください。







webshop1:bttc.jp.net

  

Posted by tatsutoshi  at 21:00Comments(0)わたくし事関連

2017年01月24日

改めてSIGの銃器を見てみる

ご無沙汰しておりました。

bttc.の田中です。

副業の宅配業がとてもとても忙しくブログが滞って

おりました事をお詫びいたします。

そんな忙しい中でも色々と考えておりまして、

なんといよいよ新商品の開発に取り掛かるはこびとなりました。

第一弾はまずアサルトスーツ(つなぎ)を予定しております。

続いてアーマーベストと開発を進めていきます。

生産は国内で行いなるべく格好良いもので品質の良いものを提供

しますので、値段も結構跳ね上がる予定ではあります。

まあ、詳しい事は煮詰まってからに致しますので次回のブログをこうご期待。

今回はSIGの銃器たちを改めて簡単に考察していきます。

私の一番好きな銃でもあるSIGの銃。どのようなものがあり、

どういうところで使われているのか私の少ない知識の範囲でご紹介します。

まずはこれ


スイスアームズ社のSG551。

スイスの名銃SG550の命中精度はそのままに全長を短縮したモデル。

今でこそほぼM4にとって代わりましたが、その昔アメリカのSWATでも使用されており

ました。

現在もドイツの警察特殊部隊やスイスの警察特殊部隊等の主に欧州のLEで使用されております。

下の画像はドイツのバイエルンSEKのものですが手前の方がSG551を持っています。




上の画像もドイツ警察特殊部隊のSG551です。

フランスの世界的に有名な特殊部隊、GIGNでも使用されています。


そしてなんと7.62mmバージョンも存在します。




551とくればSG552。



まあ正確に言えば上の画像はSG553なんですが、SG551をさらに短縮した

特殊部隊専用ライフルとでもいえましょうか。

命中精度は無論高く、銃自体の丈夫さや泥の中に長時間入れたあとでも

問題なく作動ししかも撃ちやすい。

欧州の軍特殊部隊や警察特殊部隊、あと、未確認情報ですがシークレットサービスやCIA、

FBI等でも使用されている模様。ほとんどメディアには出てきませんが、そもそもそういう方々は

メディアにほとんど出てきません。何か事件があって現場に出動する実働部隊が使っているのは

ほとんどがM4ですね。アンジェリーナジョリーが出演している「ソルト」という映画をご存知でしょうか。

この映画の最後のシーンでSIG552が出てきます。殺されたシークレットサービスから奪うんですが、

何もこの映画での架空の設定ではありません。ハリウッド映画には武器アドバイザーなる方

がいて、どの組織でどういう銃が使われているかや、銃器の扱い方撃ち方、役者をもっとも

格好良くみせる銃器のコーディネイト等を担当しております。

ですのでシークレットサービスがSIG552を使っているというのは事実だと思われます。




下の画像はスイスの警察特殊部隊の方ですが、珍しいバイザーヘルメットストックが

SIG552に取り付けられています。

ヨーロッパでは警察特殊部隊がバイザーヘルメットをするのはごくごく自然な事で

バイザーにストックが干渉しないよう工夫がされております。

G36C用やMP7用、MP5用のバイザーヘルメットストックが存在します。




次はMCXというM4チックな銃です。

結構好きな銃です。

今流行りのKEYMODにスケルトンストック、下の画像では違いますがスケルトンのマガジンも

あるようです。

すでにイギリスの警察特殊部隊CTSFOでは採用されています。


是非エアガン化してほしい。

そして最近話題になっているP320。

米軍の次期正式拳銃に採用されましたね。



そしてP226・228・229の中でも最近のお気に入り、

新しい型のP229です。



そして、MPXという9mmサブマシンガン。



MP5に変わる次世代のサブマシンガンとなりえるのか、とかなんとか

言われてるみたいですが。

格好はすごくいいと思います。

今回は簡単に私の最も好きな銃であるSIGの銃器たちをご紹介しました。

SIGの銃とはプロの為の専用の銃器であり、選び抜かれた人間に使う事を許された、

そういうところに何かぞくぞく感を覚えます。

ではおまけ動画です。





  

Posted by tatsutoshi  at 00:48Comments(2)わたくし事関連

2016年10月08日

VHS2って銃知ってますか?

こんにちは。

bttc.の田中です。

本日は「この銃知ってますか」第二弾。

ブルパップアサルトライフルでクロアチアの銃器メーカー

HS プロダクトのVHS2という銃をご紹介します。

このHSプロダクトというメーカー、実は東京マルイからも発売されている

XDMという優秀なハンドガンを生み出した銃器メーカー。


著作権の件もあるので、あまりペタペタ画像を貼れませんが、

HS produktのホームページはご紹介しておきます。

http://www.hs-produkt.hr/

アメリカのスプリングフィールドアーモリーがXDMの販売権を得ているので、

HSプロダクトの名前が出てきませんが、元々はクロアチアのこのメーカーが作ったハンドガン

だったのです。

そこで作られたアサルトライフルですから、当然性能も良いと思われます。

こう見えてストックは伸縮し、ブルパップライフルの弱点を克服しているとの事。

ミリブロの記事にもなっていたこの銃ですが、

最近行われたフランス陸軍でのFA-MASの後継銃の選定にこの銃が提出されたとの事です。

しかし、最終的にH&kのHk416に決まったらしく採用には至らなかった模様。

もしHSプロダクトが販路に困っているのであれば、エアガン業界に乗り込んで

ライセンス商売、若しくは自社でエアガン作っちゃうとかしてみては如何なものでしょうか?

と個人的に思います。

とても未来的なこの銃は私個人としてはとても好きな銃です。


webshop2 :http://shopping.geocities.jp/bttc/index.html


  

Posted by tatsutoshi  at 11:26Comments(0)わたくし事関連

2016年06月30日

6/26ROCKフィールド2周年記念イベント出店しました。

こんにちは。

bttc.の田中です。

ご報告かなり遅くなりましたが、6/26(日)に

仙台市のROCKフィールド様にて2周年イベントでの出店の様子を

お送り致します。



今回画像のサイズ調整が出来ず、若干はみ出ているのはお許しください。

この日は、ボスゲリラさんやウピウピ隊の方々がお超し頂きまして、それは

それは盛り上がっておりました。





ボスゲリラさんからは、業界のお話や色々商売に役立つお話を聞く事が出来ました。

蒼樹さん、いや、ボスゲリラさん、本当にありがとうございました。




お店の売れ行きは徐々にではありますが、増えてきています。

まだまだ品揃えが少ないので、サイドビジネスである宅急便の仕事をもっと

頑張って、商品の仕入れのお金を作っていきたいと思います。

あと、来月はお中元の季節でもあり、一か月の休みが4日しかない繁忙期となります。

ROCKフィールド様への7月の出店はできないかと思います。

申し訳ございません。




あと、私は見てしまったのですが、みさみささんボスゲリラさんご一行の方々の中に

栄養ドリンクを飲んでらっしゃる方がおりました。

お疲れなんでしょうけど、このサバゲー・エアガン業界を本気で盛り上げる為に日夜尽力されている方が、

私と妻以外にもいるんだと分かり、少し安心しました。



そして、毎回お世話になっているROCKフィールドのオーナーの阿部様やスタッフの方々、

いつも出店時間があそくなり又、お店をしまう時間が早く本当に申し訳ございません。

もっと魅力ある商品を陳列しROCKフィールドに来るお客様が増えるよう頑張ります。

今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます。

あと、毎回ご購入されているお客様や当店に興味を

お持ちのお客様、当店はお金の借り入れはしていない為(負債ゼロ)商品を

増やすスピードは遅いです。

ですが、毎月少しずつ面白い商品をラインナップしていきます。

末永くお付き合いください。宜しくお願い致します。

本店サイト
http://bttc.jp.net

bttc.yahoo shop
http://shopping.geocities.jp/bttc/
  

Posted by tatsutoshi  at 17:35Comments(0)わたくし事関連

2015年11月22日

実は昔から多いヨーロッパでのテロ

こんにちは。

bttc.の田中です。

bttc.のヤフーショップは12月初旬にずれ込む見込みとなっており

なかなかスムーズに作業が進まない状況となっております。

さて今回のお題はフランスでのテロ事件を受け表題としました。

「ミュンヘン」という映画をご存知でしょうか。

ブラックホークダウンにも出演したエリックバナ主演の

1972年に起きたミュンヘンオリンピック事件への報復を描いた実話に

基づいた作品です。

この事件以降冷戦下での工作員による事件やテロリストによる事件が

ヨーロッパ各地で起きました。

特にテロリストとして名を馳せたのはアリ・ハサン・サラメというイケメン

テロリスト。

ミュンヘンオリンピック事件の首謀者とされいわゆるお金持ちテロリスト

としてヨーロッパを震撼させたテロリストです。

最後は車爆弾で死亡しており西側の工作員によって殺害されたとされています。



実は平和に見えたヨーロッパも昔からテロが頻繁に起きていることは、日本では

あまり知られていません。

よって、テロに対する警察特殊部隊が生まれ発達してきたのはむしろアメリカより

ヨーロッパと言えます。

アメリカの警察特殊部隊はどちらかというとギャングやマフィア等の凶悪犯罪対策の

意味合いが強いと言えます。






ところで、話は少し変わりますが人間は銃で撃たれるとどうなるか分かりますか?

急所に命中すれば当然死にますが、そうでない場合撃たれた事に気づかない場合が多々ある

とか。

特に5.56mm弾の場合は貫通力が強く、撃たれた犯人は撃たれたことに気付かず

警察特殊部隊に突っ込んでくる事があるとか…。9mm弾のフォローポイント弾ですら

体を貫通し、ドラッグをやってラリッてる人間には非力である場合があります。

さすがに7.62mm弾は強力のようですが、あまりにパワーがありすぎる為

警察等では使用されません。7.62mm弾を近距離で発射した場合、

一人目の人間がぐちゃぐちゃになりますが、それ以降も跳弾によりその他の人間も

傷付けてしまいます。





今回のパリでのテロもAkを至近距離で発砲している為殺傷能力は相当なものとなります。

しかし、昔からテロは絶えないと言えども最近のテロは卑怯で卑劣な犯行が目立ちます。

それだけ、世の中や人間がすさんできている証拠なのではないでしょうか?

日本ですら、いや自分の周りを見てみても決して良い社会とは言えないような気がするのは

私だけではないと思いますが…。

日本より多くの人種が住むヨーロッパでは、尚更複雑で劣悪な社会状況ではないでしょうか。






テロをなくすのは、政府でもなく警察でもなく、

人間ひとりひとりだと思います。

小さな事から世の中改善していきましょう。まずは、身の回りの整理整頓から。

おまけ動画です。

Webshop
http://bttc.jp.net


  

Posted by tatsutoshi  at 20:47Comments(0)わたくし事関連

2015年11月08日

レインボーシックス シージについて

こんちは。

bttc.の田中です。

bttc.のヤフーショッピング店は11月下旬にオープン予定です。

さて、今回はもう周知の事とは思いますが

レインボーシックス シージのご紹介です。

当店のコンセプトでもある、ヨーロッパの特殊部隊が題材でもある為

私の一押しゲームでもあります。

ロシアのスペツナズ・アメリカのFBI・フランスのGIGN・ドイツのGSG9、イギリスのSASが

モデルとなっております。



強力プレイが可能で、人質を救出するというミッションをクリアしていくゲームのようです。

しかし、注目をして頂きたいのはゲームに出てくる隊員の装備。

なかなかリアルに作りこまれており、ゲームを作るうえでしっかりとリサーチを

しているんだと思い知らされます。




実にリアルなゲーム、レインボーシックス シージ、

是非プレイしてみてください。

Webshop
http://bttc.jp.net
  

Posted by tatsutoshi  at 21:08Comments(0)わたくし事関連

2015年09月06日

ネゴシエーターの交渉術

こんにちは。

bttc.の田中です。

今日はネゴシエーターについて軽く触れてみます。

ネゴシエーターとは警察における犯人や自殺志願者との交渉を

するもっとも重要な仕事をする人たちの事です。

当然、それ相当のスキルを必要とする為、賢い人しかなれない

専門職であります。



元ニューヨーク市警(NYPD:newyork police department)のNo1ネゴシエーターの

ドミニク・J・ミシーノ氏著の本が出版されており、興味を引くところではあります。

現在は現役を退き、企業の交渉術アドバイザー的な仕事をしているようです。

この交渉術は何も犯罪現場だけではなく、普段の生活やビジネスの場、特に営業先での

交渉術にも応用ができ、人の人生にさえも役に立つ術です。




著者は本の中で、SWATのような「後ろ盾」は必ず必要であると述べています。

ビジネスの場においてもやはり、腹案や代案は常に用意しておくべきであり、

交渉カードはあればあるに越した事はありません。

ミシーノ氏が著書で述べている事を軽く列記します。

◆どんな交渉にも共通する形
信頼関係を築き、情報を集め、交渉に臨む

◆「交渉」「記録」「決定」3つの役割が交渉の結果を決める
1.交渉役は決定を下さない
2.決定を下す者は交渉を行なわない
3.他の仕事に首を突っ込まない
※1人でも、3つの役割を常に忘れない

◆役割分担を防ぐために相手が取り得る戦術
1.自尊心に訴えるやり方
2.期限の設定

◆交渉の基本原則
「うそをつかない」「約束をしたら必ず守る」
「尋ねない限り、答えは出てこない」

この交渉の基本原則は人間関係の構築にも言える事なのではないでしょうか。
ここで注目したいのは、「尋ねない限り答えは出てこない」というところ。
人は基本的に「話したい」動物です。
ですから、相手から何かを引き出す時は、必ず「人の話を聞くようにする」
話を引き出すようにすれば良いわけです。
「あなたの過去の武勇伝を是非お聞かせください」この一言がコミュニケーションの
手助けになる事もあります。






人が興奮している状態の時、その人をなだめる方法があるという事を聞いた事があります。

①まず相手の話やクレームをじっと聞く(絶対に話の腰を折らない)

②ひとしきり相手の話を聞いたら、こちら側がひたすら謝る(何度も謝ると効果が増す)

③最後にこうなった経緯を話相手の理解を得る

この3段階を行う事により大概の人間は、高まった感情が沈静化するそうです。

是非明日からお試しあれ。

Webshop
http://bttc.jp.net





そしておまけ動画。
セルビアの特殊部隊SAJの動画です。


  

Posted by tatsutoshi  at 23:46Comments(0)わたくし事関連

2015年08月26日

LEのスナイパーについて

こんにちは。

bttc.の田中です。

本日のお題ですが、LEのスナイパーとしました。



警察でのスナイパーの役目は人質を取っている犯人に対する対処として、

犯人の持っている武器を直接狙い破壊し無力化したり、時には射殺をしたりもします。

監視としての役割もあるかと思います。

人質を取っていない場合でも事件を解決へと導く切り札的存在といっても過言ではありません。

長時間集中力を切らさず、いざというときは冷静な行動と的確な判断力が必要となります。

警察等のLEに限らずスナイパーとは誰でもなれるものではありません。

技術力もさる事ながらメンタル面の強さも要求されます。




スナイパーに人質を取っている犯人を射殺するよう命令が下された場合、気を付ける事があります。

それは犯人を撃った際のショックにより犯人の手が力んでしまい犯人の持つ武器により

誤って人質を撃ってしまうケースです。

これを防ぐ為、犯人を射殺し尚且つ犯人の手が力まないようにするには口を狙うのが最も

良いとされています。それは、口の奥の首筋あたりには人間の運動を司る神経が走っており、

これを切断する事により瞬時に運動機能を停止する事ができるという事です。

ですから頭や心臓を狙ってはいけないんですね。

人を殺すプロは人間の体の構造を良く理解しているプロでもあると言えます。どこを損傷させれば

効率よく殺せるかをよく知っている訳です。当然初歩的な医学の知識もある為、怪我をした人間の

応急処置もできるって事ですね。

あらためて軍や警察の特殊部隊はすごいなあって思います。




話は変わりまして、上の画像の方。この方は「白い死神」と呼ばれた第二次大戦時の

凄腕スナイパーです。フィンランド軍に属していたシモ・ヘイへという方です。

この方のいた部隊は、たった32名のフィンランド軍兵で4000名のソ連軍兵士と戦い、

なんと自軍を守りぬいたと言いますから、すごい事になってます。「コラー河の奇跡」

と言われていたそうです。この方の戦果は100日間で505名を射殺、そのほか

マシンガンでは200名以上射殺しており、史上最高戦果を上げたスナイパーと

なっております。いまだにこの記録を抜いたスナイパーはいないとの事です。




ところで、サバイバルゲームでのスナイパーなんですが、エアガンでスナイプする

のは、正直結構厳しいと思います。電動ガンで沢山弾を撃って敵に当てるなら

まだしも、エアコッキングのスナイパーライフルで一発必中なんてのは雰囲気は

充分ですが、相当なスキルがないと無理だと思います。

私が考えるお手軽で現実的なスナイパーとは、頭と背中だけを覆った簡易ギリー

スーツにサイレント加工(たしかモケイパドックで可能)を施した電動ガン、

それにGallopのBB弾です。

別に当店の商品を宣伝しているわけではありませんが、このGallopのBB弾は

エアガンをカスタムしなくとも狙ったところに弾が飛んでいきます。

Yutubeにも実証動画が出てますので、ご確認を。

本当にびっくりするくらいの命中精度を発揮していますが、秘密はやはり

BB弾を丸くする工作精度と、気泡が入っていないという事だったと思います。

皆様もお手軽スナイパーでヒットを量産してみてください。

Webshop
http://bttc.jp.net

※現在ヤフーショップ構築中
  

Posted by tatsutoshi  at 00:08Comments(0)わたくし事関連

2015年07月26日

あの宇宙飛行士と一緒の職場で働いてました

こんにちは。

bttc.の田中です。

今、世間をにぎわせていて中年の星とたたえられている

油井宇宙飛行士。

実は、18年くらい前に同じ職場で一緒に働いておりました。

私は以前、航空自衛隊で航空機整備士をしており茨城県の

百里基地の第204飛行隊というところで油井さんのサポートを

しておりました。



当時の油井さんは、顔だちからも想像できるようにがっつくタイプではなく、なんでも

そつなくこなすような人なのではないかとおもっておりました。フライトのあとでも

疲れを見せず、爽やかでした。そこまで、お話はしませんでしたし親しくもありませんでしたが、

宇宙飛行士になったと聞いてもそこまで驚きはしませんでした。あ~ そういう事できる人

でしょうね~、くらいでした。




今回のブログには過去の私の写真を載せませんでしたが、正真正銘航空自衛隊の

航空機整備士でした。よく色んな人から、なんで自衛隊辞めたの?辞めてなければ今頃

安定した生活送れていたんじゃあないの?と。

けど、私を含めパイロットを目指していた人やパイロットになった人の中には、

かなりの確率で自分の人生に対して挑戦を続ける人が多い事は事実です。

別の部隊のパイロットで元F-15のパイロットですが、自衛隊を辞め冒険家になり

アラスカに渡った人や、ロック岩崎という人は操縦を極めるべく更なる深みへと足を

踏み入れていきましたし、油井さんは宇宙飛行士になっちゃいました。

私も自衛隊→会社員→自営業と綱渡り状態です。

新築の一軒家と妻と子供を抱えての独立です。普通の人には理解できない行動

です。

でもこのまま人生終えるわけにはいかないんです。なにより

息子に財産を残したいんです。老後を安定した生活にしたいんです。

体を壊してまで四苦八苦働いても老後は安定した生活が送れなくなる。

そんなの怖いです。今から苦しんで少しでも可能性のある事に種をまいておいた

ほうがずっとマシです。

とまあ、そんな私の人生はどうでも良いですが、これからもお客様をドキドキさせる

ようなホームページを目指して猪突猛進で頑張ってまいります。




近々、bttc.のヤフー店がオープンします。

楽天店同様震災復興コラボという事で他店との共同運営ではあります。

開店しましたらこの場で又ご報告いたします。

Webshop

http://bttc.jp.net


Twitter

https://twitter.com/t_tatsutoshi


Facebook

https://www.facebook.com/pages/Web-shop-bttc/1526598827624302?ref=bookmarks

久々のおまけ動画です。まずはイギリスSASの動画、



そして、高高度ジャンプの動画です。ちなみに高度8790mからのジャンプです。


  

Posted by tatsutoshi  at 23:35Comments(0)わたくし事関連

2015年07月10日

弾丸の速さと威力と音

こんにちは。

bttc.の田中です。




本日は、弾丸の速さと威力と音と題して、

短く、できるだけ分かりやすくお送り致します。

まずは、威力について。9mm弾でもアルミのフライパンは簡単に貫通します。



動画をみて頂ければ一目瞭然。ちなみにハイパー道楽さんの動画を拝借しました。

続いて速さ。各弾丸の速さを下記にまとめました。

・9mm弾             381m/s 1371.6km/h
・45ACP             247m/s 889.2km/h
・357マグナム          442m/s 1591.2km/h
・44マグナム           360m/s 1296km/h
・50AE              427m/s 1537.2km/h
・5.56mm(223レミントン)  995m/s 3582km/h
・7.62mm(308NATO)   838m/s 3016.8km/h
・50ブローニング        890m/s 3204km/h

ちなみに音速を時速に直すと1225km/hでマッハ1ですから、ライフル弾はマッハ3も出て

いる事になります。ですから、直撃しなくともすぐ近くを弾がかすめればかすり傷を負います。

お次は音の大きさ。

私自身の体験談として、航空自衛隊での航空機整備士時代に幹部の拳銃射撃の手伝いを

させられた事がありますが、9mm弾と言えども20~30m離れていても耳鳴りがするくらい

ものすごい音です。非常に乾いた音で甲高い音と言いましょうか、とにかくイヤーマフを

しないと耳が使い物にならなくなるくらいです。

このときはSIGのP220を使っていましたが、トリガーがものすごく硬かったイメージが

鮮明に残っています。重さもずっしりでメカメカしい感じだったと記憶しています。


64式小銃もやはりオール金属感が半端なく、これで人を殴ったら殺せるな、と

思いました。撃った感想は自分の射撃が下手なせいか当たらない銃というイメージ

でした。個体差があったのかもしれませんが、命中精度はさほど良くなかったと思いました。






Webshop
http://bttc.jp.net

Twitter
https://twitter.com/t_tatsutoshi

Facebook
https://www.facebook.com/pages/Web-shop-bttc/1526598827624302
  

Posted by tatsutoshi  at 23:54Comments(0)わたくし事関連