2014年11月28日

Gk professional 始めました。

ようやくフランスのGk proから商品が届き、当店のホームページにアップする
準備が整いました。
Gk proの商品は数年前、一度日本に上陸はしましたが、それから音沙汰はなく
今日に至ります。そこで私がもう一度再上陸させ安定供給するべく立ち上がり、
私のWEBショップで取り扱う事になりました。



Gk proの代表的商品にブーツがあります。
「なんじゃこのプロレスラーが履くような靴は」
とお思いかと。
なかなか斬新なデザインで良いんじゃないでしょうか。
ヒモが無いからヒモを結ぶ必要がない。
ヒモがほどける事もない。実に合理的なデザインと
言えます。




ブーツの底にはGKの誇らしげなマークが入っております。
このブーツは一目でGk proだと分かります。





こちらのブーツはまあありきたりのものですが、すべてレザーで覆われ
ているので防水となっております。雨の次の日のぬかるみ等では
水分がしみてこないので、便利かと。ただ、逆に蒸れるかも…。

そういえばGk proの紹介を簡単に。
フランス国家警察特別介入部隊GIPNや国家憲兵隊特殊部隊GIGN
への装備品の納入実績を持つ、ヨーロッパでも結構(いやかなり)
名の知れたメーカーです。
ということはすべての商品が本物という事になります。
あとGkはちょっと変わった事をしておりまして、パートナーを組んでる
「FIGRALZ ACTION STANTS」という映画のスタントアクション事務所
に色々なものを納入してます。
ただしスポーツ用品を納入しているようです。
ちなみにこのスタントアクション事務所はアランフィグラルツさんという
俳優さんが立ち上げた事務所でして、アランさん自身「96時間/リベンジ」
というリーアムニーソン主演の映画の最後の悪役として出演
しています。このアランさん、フランスの有名な監督リュックベッソンとつながり
があるようでして、「ルーシー」という映画にもスタントの演出等で
参加しています。
という事は少なからずGkの商品がハリウッド映画に出ているという事
か?いや真意の程はわかりませんが、Gk proとアランフィグラルツ
さんがパートナーを組んでる事はたしかです。








さすがに警察特殊部隊な感じがするタクティカルベストです。
前面のグレネードポーチにはスタングレネードを入れたり、
フラッシュライトポーチなんかが見えます。


あと、こんな感じでパネルごと外せ、




付属のMOLLEパネルに交換ができます。これで好きなマガジン

ポーチなんかを付けられます。



他にもIphoneポーチなんかもあります。




MOLLEに対応してますので、お好きなところへ。

とまあこんな感じで、ヘルメットとバラクラバ以外は大体のものが

揃うGk proの商品の紹介でした。

私のWEBショップは12月第一週の後半にはオープンできる

見込みですが、まだクリアするべき障壁が残っています。

お店オープンの際は、又ご紹介したいと思います。

  

Posted by tatsutoshi  at 23:45Comments(0)商品紹介関連

2014年11月14日

ハンガリーの実銃用アップグレードパーツメーカーGIS Tacticalとは?

お店の目玉商品のひとつ、メイドインハンガリーの新進気鋭のメーカーGIS Tactical
の商品が届きましたので、ご紹介いたします。
今年ドイツで開かれたIWA2014にも出店したGIS。ハンガリーの警察特殊部隊
TEKへの納品が決定し、AKシリーズのカスタム製品やMP5用のカスタム製品
が主なラインアップとなっています。




レイルカバーとフォアグリップです。
この二品、フラッシュライトなんかのケーブルをまとめるために考えられたデザインのようでして
装備へのひっかかりを防いでいるとの事です。













しかし、このワッフルのようなレイルカバー以外にしっくりきます。
ちなみにレイルカバーとフォアグリップはブラック・タン・グリーンの3色を
取りそろえています。そしてそして、GISのレイルカバーラインアップの中にはなんと、レッド
というものがあります。今回は仕入れませんでしたが、ちょっと面白そうなので、次回
仕入れてみます。(買う人いるかな~)



これはAKシリーズ用の実物レイルシステム。
レールの新規格であるSTANAG4694 NATO accessory railに
準拠してますが、今までのレイルシステムとの互換性もあります。
複雑な形状をしていてなんか恐竜の化石みたいですが、実物を見ると
わかりますがこれが又結構美しい。
お値段は結構高めで、フランスの銃砲店での価格が290€(ユーロ)
日本円にして約¥39,800。ただそれだけの価値と美しさはあると
感じました。
AKMやAMD-65に取り付けが可能ですが、それは実銃の
お話。まだ検証はできていませんが、ハンドガードにバッテリーを入れる
タイプのエアソフトガンには恐らく対応しません。LCTのAKシリーズは
ハンドガード内にバッテリーを入れませんし、かなりリアルに作られて
いる為取り付けが可能かと思われます。今後きちんと検証します。






重さは270g。思いの他軽いです。
MP5用のフォアエンドもあるので次回仕入れてみます。
次回はGK professionalをレポートしてみます。
  

Posted by tatsutoshi  at 10:59Comments(0)商品紹介関連