2017年05月11日

GSG9についてちょっとだけ

こんにちは。

bttc.の田中です。

バイザーヘルメットはおおよそ3ヶ月後の発売を目標に

進めております。しびれを切らしているお客様には大変

ご迷惑をお掛けしております。辛抱強くお待ち頂けると幸いです。

お金さえあれば実現可能な新商品はぞくぞくと後ろに控えております。

がんばって少しずつ前に進んでまいります。

させ今回のお題は世界の対テロ特殊部隊の中でも最高峰の地位にある

ドイツのLE,GSG9です。

大体どういう部隊かはお分かりでしょうから簡単に説明します。

部隊創設の発端は、1972年のミュンヘンオリンピックでのパレスチナ解放勢力

「黒い九月」による選手村襲撃事件において選手が殺害され、西ドイツ政府の

この事件への対処の失敗が教訓となったためとされております。

この事件を描いた映画「ミュンヘン」というものがあり、ブラックホークダウン

にも出演したエリックバナが主演をつとめております。



使用銃器は、G36・MP5・SG551・Hk416・Hk417・P226・P228・

USP・G17・G19・PSG-1・DSR-1・ミニへカート・MP7A1・H&K G8です。

入隊条件は、連邦警察局で勤務優秀者であり半年間の選抜試験を

通過した者です。要は、体力・知力・判断力等々が優秀な人材が晴れて

GSG9の隊員になれるというわけです。しかし、文武両道なひとって

本当尊敬します。関係ありませんが、タイガーウッズの父親は元グリーンベレー

の隊員だったそうです。優秀な人間からは優秀な人間が生まれてくるもの

なんですね~。



この上の画像、同じくドイツのLEのSEKなどとあまり区別がつかない感じの装備になっております。

右腕の番号が書いたパッチやMP5の旧型ハンドガードを使っているあたりが、

SEKとは少しだけ違う点と言えましょうか。



この上の画像は以前のGSG9と思われます。

黒色のBDUが特徴的でした。

私は気になりましたが、皆様は気になりましたでしょうか?

一枚目の画像のG36のストック。



こちらですね。詳細は不明ですが、H&kの新作G36Cの「Hk237」のストックと思われます。

H&kで独自で制作したのかB&Tで作っているのかは分かりません。

恐らくはバイザーヘルメットとの親和性を考えられて作られているのでこのような形状をしていると

思いますが、チークパッド(頬付け)の部分が外れるようになっているみたいです。



上の画像ではチークパッド部が外れておりますが、

バイザーヘルメットを着用していないときはチークパッドを取り付けて使用するようです。



ちなみに上の画像はIWA2017でH&kから発表されたHk237です。他にもHk337やHk433が

展示されていたようです。

G36はバレルの過熱による命中精度の極度の低下が国を巻き込んだ裁判にまで発展しましたが、

砂漠等の過酷な状況でない限りはとても優秀な銃との事で、ヨーロッパ各国の特殊部隊で愛用

されています。

とまあ今回はGSG9のお話というよりは新しいG36のお話となってしまいました。

当店のコンセプトは「ヨーロッパの軍・警察特殊部隊の装備やエアガンが揃うお店」となっていますが

フランス系の商品開発の次はドイツ系を考えております。

「他のところではやっていない事をやる」事こそが私のこの事業の神髄です。



おまけ動画です。







同じカテゴリー(ドイツLE)の記事画像
GSG9(っぽい)装備を目指す方への一助となれば
将来的には作ってみようかと
ドイツのLE
同じカテゴリー(ドイツLE)の記事
 GSG9(っぽい)装備を目指す方への一助となれば (2018-02-13 16:04)
 将来的には作ってみようかと (2017-02-08 01:08)
 ドイツのLE (2015-02-04 13:21)

Posted by tatsutoshi  at 15:36 │Comments(0)ドイツLE

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。